第1回認知症多職種事例検討会

tashoku_image003

H25.11.11、42名の参加を得て初めて開催しました。参加職種は、医師・看護師・保健師・薬剤師・心理士・介護職・相談員・ケアマネジャー・施設管理者・認知症ボランティア・認知症家族会・行政職員。

先進地である熊本県に置ける認知症に関する地域連携は「事例検討会」を中心として成り立っているとも言われます。お互い顔の見える関係は、事例を通して共に学び、顔を合わせることを積み上げていくことで関係が出来上がってくるということのようです。熊本の実践を参考に当地域においても始めてみました。

tashoku_image005

7グループに分かれて検討を行いました。集ってみてわかったのは、各職種の経験値から様々なアイデアがあるものだ!と。また「日頃、迷ったりこれでいいのかと思いながら対象者と向き合っているが、検討会により自分の引き出しが増え冷静に考える機会となった」といったご意見もいただきました。

次回H26.1.29(水)18時~19時半、砂川地域交流センターゆう中ホールにて開催。限定50名。申込みは事務局まで。

tashoku_image007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA