第13回認知症多職種事例検討会H28.1.27(水)77名

2016-01-29

今回は、自動車運転に関する事例。独居で身寄りのいない方が運転をしている事実と向き合い、遠方の親類にもご協力していただきながら、支援者は本人に自己決定していただき、どう運転をやめてもらい、免許証を自主返納していただくか・・・。明日になると忘れている記憶にノートを使いながら、説明を重ね自動車の売却と免許証を警察署に返納。

時間をかけると運転をして事故の危険性もはらむことから、短期集中で取り組んだ支援者の粘り強さに評価できる事例でした。この事例を通して、今後団塊の世代が免許証を所持している数が増えていく中、私たち支援者は実際に遭遇した時のためのどうかかわるか?の決意を新たにしました。

札幌、岩見沢、深川など遠方からもご参加いただきました。また、名簿に誤りがあるなどいつもご迷惑をおかけしております。引き続き参加をお待ち申し上げます。事例から学ぶことの価値を見出していただき、顔の見える関係、互いの業務理解へとつながれば主催者として喜ばしい限りです。

第14回H28.3.11(金)18:00~、砂川市立病院。事例提供もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA