第27回認知症多職種事例検討会 H30.11.14 89名

事例は、身体的には大きな問題はないが、数年前から物忘れがあり、物の保管場所を忘れたり、同じ話をすることがある。なかでも、夫への嫉妬妄想が特に強く、常に夫の行動が気になり、ちょっとしたことでも浮気を疑う。「家を空けると夫が 続きを読む 第27回認知症多職種事例検討会 H30.11.14 89名

H30.9.19(水) 第26回認知症多職種事例検討会 88名

H22年から中空知で活躍している認知症支援ボランティア「ぽっけ」の活動から一事例を検討。 高齢夫婦世帯に受診の付き添い、買い物の付き添い、銀行の出し入れの協力、夜中に呼び出されたことも・・・。 かかわり続ける中で、ボラン 続きを読む H30.9.19(水) 第26回認知症多職種事例検討会 88名

第25回認知症多職種事例検討会 H30.7.19(水)105名

事例 「若年認知症の方の徘徊(一人歩き)を考える」 レクチャー 「認知症鉄道事故裁判~JR東海事故から~」 砂川市立病院 認知症疾患医療センター・3階南病棟 事例では、60歳代後半の男性の徘徊(一人歩き)について地域包括 続きを読む 第25回認知症多職種事例検討会 H30.7.19(水)105名

第24回 認知症多職種事例検討会 H30.5.16(水) 133名

「必要な医療と介護を強く拒否する一例 砂川市立病院認知症疾患医療センター長 内海久美子氏 家族の不適切な介護により15年間在宅でみていた家族は、施設入所も拒否していたが往診している、かかりつけ医と当院との協議し、家族の同 続きを読む 第24回 認知症多職種事例検討会 H30.5.16(水) 133名

第23回認知症多職種事例検討会 H30.2.7(水)96名

「救急搬送された認知症が疑われる高齢夫婦の対応」について、総合病院救急外来から事例提供をいただきました。救急という環境下において、認知症も疑われる身体合併症患者の対応。本人、配偶者共に認知機能の低下が疑われ、正確な情報が 続きを読む 第23回認知症多職種事例検討会 H30.2.7(水)96名

H29.9.27(水) 第22回認知症多職種事例検討会 63名

旭川・新篠津・当別・三笠からも参加いただきまして、 前頭側頭型認知症の方の事例検討を行いました。 抑制が効かないことや周囲に配慮できない行動をとる、 同じ行動パターンなど、確かにアルツハイマー型やレビー小体型とは違った病 続きを読む H29.9.27(水) 第22回認知症多職種事例検討会 63名

多職種事例検討会とは

おすすめ

地域で働く医療・介護等の専門職が認知症の方に関わる上で、生活、制度上等様々な諸課題を抱え自身の力量では解決し難いこともあります。この検討会では、認知症に関する事例提供者を募り、現在の抱える認知症事例について事前打ち合わせ 続きを読む 多職種事例検討会とは

第21回認知症多職種事例検討会

H29.7.26(水)95名 今回は、見える化事例検討会として、 名寄から専門のファッシリテーター2名にお越しいただき開催した 。 認知症で経済的観念も薄らいでいく中、 限りある年金を使い切ってしまい、破たん寸前の状況に 続きを読む 第21回認知症多職種事例検討会

第19回認知症多職種事例検討会 H29.2.7(火)61名

今回はそらちぶと調剤薬局 冨田陽さんから「軽度認知症外患者の多罪併用(ポリファーマシー)について」と題し事例て検討を行いました。日々、お薬の配達や服薬指導等で目に付く多剤の状況や薬を大量に余している現場を見て、薬剤師と医 続きを読む 第19回認知症多職種事例検討会 H29.2.7(火)61名

第17回 認知症多職種事例検討会 H28.10.11 106名

テーマ「砂川市認知症初期集中支援チームの事例から」 砂川市立病院 認知症疾患医療センター 認知症看護認定看護師 福田智子 砂川市地域包括支援センター 介護支援専門員 前谷彰子 平成26.9から開始した、砂川市認知症初期集 続きを読む 第17回 認知症多職種事例検討会 H28.10.11 106名